FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁のタイルはり始めました

なかなか青空が続いてくれない日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、先週末より壁のタイル張りをはじめました。

現在はタイルの穴あけで苦労しております。
タイルソーを使って加工する場合は、高価なタイルソーのおかげで比較的簡単に、そして早く、何の苦痛も感じずに済ますことができるのですが、穴あけは苦労しております。

まず先端がタングテンカーバイトのドリルで小さな穴をあけ、その後、少しい大きいのドリルで穴をあけ、最後にタイル用のホールソーで穴を開けています。ホールソーにもドリルの刃がついているのですが、先に穴を開けておくと少し早く作業が完了します。

tile_hole_saw.jpg


決して、途中でショートカットしてハンマーなどでタイルをたたかないようにしないといけません。
さもないと、それまでの苦労が水の泡となり、タイルを一枚捨てることになります。

wall_tile2.jpg

現在までに6枚ほど張り終えました。
wall_tile1.jpg

このタイルは Ceramiche Gambarelli の RT07 と言うものです。
サイズは30x60cmです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

タイル用のホールソーは高かったので

私の場合は、グラインダーにダイヤモンドカッターを付けて、表と裏から少しずつ削って穴をあけました。もちろんまん丸にはならずガタガタの穴になりますが、それほど苦労せずに開けることができました。

Re: タイル用のホールソーは高かったので

Hidekiさん

お使いのダイヤモンドカッターは何インチぐらいのものですか?
あけたい穴が、1~2.5インチぐらいなので無理かなー、と思っていました。

レシートが見つからないのですが、私のはLowesで$15ぐらいだったとおもいます。
Amazonにもいろいろなものが出ていますね。

高くないんですね

$15ですか。お手頃な値段ですね。私が見たのは、$50くらいだった記憶があるので、高いと思ってしまいました。それだと楽々穴開けできるのかも。
ダイヤモンドカッターは、4インチのものです。これで、1インチ程度の穴も、何とか開けられますよ。ガタガタの穴ですが。
それから、水をジャブジャブかけながら開けると、楽なんじゃないでしょうか。

No title

質問です。壁には、cement backerboardを張らなくて、そのままdrywallにタイルを貼って大丈夫なのですか?

Re: No title

たかしさん

ちょっと調べてみました。場所によりますがDrywallにtileを直接はっても大丈夫そうです。条件は水がかからないこと、湿気がひどくないこと、それに範囲が広くないこと。
タイルの目地は水分を通すそうなので、Drywallが痛む、またはカビなどにやられる可能性があります。強度的にも少し不安で、小さめのサイズをを使うのが良いようです。
バスルームやシャワールーム内には適さないでしょう。
考えられるのはキッチンのバックスプラシュとかでしょうか。
あと、タイルはThinsetではなくて接着剤でとめるようです。
接着剤だと高さの調節が難しそうなので、Drywallがフラットになっている必要もありそうです。

No title

なるほど~。そうなのですか。とよたこさんの場合は、特殊なDrywallに直付けですか?

Re: No title

たかしさん

私は実験をかねて3種類のものを使いました。
バスタブのまわりがHardiBackerで、シャワーのところがWonderboard、そしてトイレとバニティーの周りがDensShieldです。
DensShieldは石こうボードですが、表面に防水加工がしてあり、tileも直接はれるようになっています。
ちなみに天井も石こうボードですがこれはパープルボードと呼ばれるものを使いました。防水加工はしてありませんがカビ防止加工がしてあります。
プロフィール

とよたこ

Author:とよたこ
アメリカにはじめて来てから2x年。DIYと節約が大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。