FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガレージドアのトーションスプリングがおれた。

1週間前ぐらいでしょうか、ガレージのドアが開かなくなりました。
10cmほど持ち上がったところで止まってしまうのです。

我が家のガレージオープナーは冬になると、寒くて能力が落ちる為なのか、上がらなくなることが度々ありました。
今回も同じかと思い、オープナーのトルク設定を変えたのですがいつもの様には解決しません。

よく見てみるとトーションスプリングが折れています。
grage_door1.jpg

トーションスプリングはガレージのドアが下がるときに締め上げられるもので、ガレージを持ち上げるときの助けとなります。

そういえば、このあたりにガレージで大きな音がしたので、何だろう?と見に行った記憶があります。
きっと、このときに折れたのでしょう。

この家の、前のオーナーと、その前のオーナーが几帳面で、ガレージドアやコンロ、それにじゅうたんを変えたときの書類が手元に残っています。
そこで、ガレージドアををインストールしたところに電話をすると、スプリングを2本換えて、部品代と作業代で$205だそうです。
こっちはバスルームで忙しいので、お願いすることにしました。少し値切ればよかったな。

作業はきっかり45分でした。

まず、折れてない方のスプリングのテンションを緩めていきます。
スプリングの先端に棒を差し込む穴が90度ごとについていて、穴に二本の棒を差したり、抜いたり、まわしたりで緩めていきます。
grage_door2.jpg

grage_door3.jpg

スプリングが緩んだら、端のほうにあるドアを持ち上げるためのワイヤーが巻き取られるホイールを緩めます。
grage_door4.jpg

両端にあるホイールを緩めると、シャフトはフリーになります。
grage_door5.jpg

中央でスプリングを固定しているネジををはずすと、スプリングが取り外せます。
grage_door6.jpg

grage_door7.jpg

スプリングをネジ止めしていたところのシャフトはつぶれているようで、ヤスリで削ったり、ハンマーでたたいたりしていました。

grage_door8.jpg

古いスプリングがとれたら、逆の手順で新しい物をインストールしていきます。
grage_door9.jpg

最後にグリスアップして終わりです。
何でも、スプリングは20年は持つそうですが、我が家のは12年で折れました。
長持ちさせるために、スプリング自体も1年に1回グリスアップしないといけないそうです。

今回お願いしたのはMike Howard Garage Doorsでした。

grage_door10.jpg

自分でもできそうですが、スプリングが手に入りにくいようです。
また、スプリングを緩めるときと、締め上げるときは注意と力が必要です。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とよたこ

Author:とよたこ
アメリカにはじめて来てから2x年。DIYと節約が大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。