スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイル交換

皆様、ご機嫌いかがでしょうか。とよたこです。

15歳になった息子は車のことが大好きで、その話題ばかりです。一緒に車に乗っていても、町行く車をみては、あれはどうだ、これはどうだといい続けております。GT5や新しく買ったGT6をやらしてみても、タイムアッタクではもはや勝てません。

そんなに好きなら車整備を手伝わせようと、ちょうど交換時期になったタコマのエンジンオイルを変えてもらうことにしました。

「ほらほら、これがドレンプラグでね。こいつをはずすとドバーっとエンジンオイルが出てくるんだよ。じゃはずして」

DSC04860.jpg

「ほら、出てきたでしょ。」
DSC04861.jpg

「あれ、妙にきれいなオイル??。なんで?うげ、しまった。間違えた」
ということで、ATFを抜いてしまいました。

これでタコマはATFを入れるまでは動かせなくなってしまいました。
みなさんも、お間違えのないよう、お気を付けください。

ディーラーがクリスマスでお休みだったので、仕方なくATFは抜いたままに、予定通りオイル交換をすませました。

さて、ATFを抜いてしまったものは仕方ない。トヨタ純正ATFを買ってきて入れます。
ATF-WSというもので1ガロン必要です。WSはWorld Standardの略らしいです。

ATFに入れ替え方をネットで調べるとYoutubeに出てました。なんと便利な時代でしょう。
ところがどっこい、全然正しくありません。
結論から言うと、ATFのレベル調整はATFの温度が指定された範囲以内に入っていて、エンジンがかかった状態で調整します。
危うくトランスミッションを壊すところでした。

単純にATFを抜いて、入れて、Overflowプラグからこぼれてくるのをチェックするというわけではないのです。
正確なプロセスはこちらです。

ATFはライフタイムで変える必要がない、または100,000マイルで交換するとのことでしたが、今は60,000マイルで交換するのがToyotaの推奨のようです。私の車は現在55,000マイルですので、まぁ、結果オーライということでしょう。

では。

スポンサーサイト
プロフィール

とよたこ

Author:とよたこ
アメリカにはじめて来てから2x年。DIYと節約が大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。