スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Elegant Kitchen & Bath

奥さんの実家もバスルームのリモデルをしたいらしいのです。
それもゲストとマスターの両方いっぺんに。
きっかけは水漏れ。
2階にあるゲストバスからもれているのです。

見積もりをとるために、タイルやら、VanityやらFausetを選びにいくというので、一緒にくっついて、Elegant Kitchen & Bathと言うお店に昨日いってきました。

まず最初に選んだのは、バスタブ。
予算の関係もありあまりお金はかけられないが、深いものが希望。
でも、給湯器が小さく、バスタブを一杯にはできないんだけど。
給湯器も変えるのかな?
お店の人がAmerican Standardのものを探しているので、私が以前リサーチしたものをおしえてあげると、それで決まり。
JetのつかないBasicなやつで、30%OFFの$500+TAXという。や、やすい。インターネットで調べても、一番やすいところでこれぐらいである。
今思えば、うちのバスタブは5個分の値段じゃん。

次はトイレでお勧めのTOTO。1個はウォシュレットつき。

Fauset。
お勧めはDeltaらしい。これも30%OFF。
私もいまだに、どれを自分のバスルームに使うか決められずにいるので、カタログをみんなとは違った思いで調べる。
うぅ~ん、うちはこれかな。

そしてカウンタートップ。
多分Porcelain(陶磁器)だと思うんだけど Caesar stone 、ナチュラルストーンより高いですが手入れが楽ですよって。
在庫にあるこの色ならやすくするよって、ちょっと薄い黄色だが、お買い得感たっぷりで、おじいちゃんも納得。

Vanityは既製品かカスタムオーダーかで悩む。
カスタムは引き出しのレイアウトを変えたり、扉がソフトクローズだったり、板の厚さが2倍ぐらい暑かったりで全然つくりがちがう。
結局カスタムで見積もってもらうらしい。
そうそう、僕も希望のVanityの見積もりを送ってもらえることになりました。
やっと、Vanityに決着がつくかも。

バスタブにつける扉はお手入れが楽そうなもので、いろはFausetにあわせてBrushed Nickel。

タイルのお勧めは、またまたメンテナンスが簡単なPorcelain
それに、切り口が非常にシャープなので目地が本当に細く?薄く?できるらしい。
僕はナチュラルストーンがいいと思うけど、どうなんでしょう。
そういえばHidekiさんもブログでPorcelainを使っていると書いていたな。
もうちょっと調べる必要がありますね。

あとは、窓、換気扇、タオルかけトイレとペーパーかけの話をしておしまい。

ちょっと、ひとんちのことなので値段はかけませんが、見積もりは材料費(定価の30%OFF)xTAXに材料費ぐらいの工事費といった感じでした。

僕は更に自分のバスルームのシャワードアを見積もってもらいました。
本当は2枚だと$1600でやるらしいけど、$1200でいいよって。
全然調べていないので、高いのかやすいのかわかりません。
ドアはこんな感じにしたいと思っています。
glass_door.jpg


工期は二つのバスルーム同時進行で4週間、ひとつずつ終わらせるなら6週間だそうです。
僕はDemolitionはじめたのは7月の終わりだから、いま8週目ぐらいか。
やぱり、やってもらうと早いなぁ。

お店で3時間ぐらい話をしてしまいました。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:とよたこ
アメリカにはじめて来てから2x年。DIYと節約が大好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。